fc2ブログ

2013年夏だ!台湾縦断旅 訓風砲台を見学

みーやん

お次は現在残っている(修復された)3砲台のうちのひとつに行ってみましょう
東便門から鳳山渓に沿って自転車を漕ぐこと数分、訓風砲台に到着です

DSC00837.jpg
道光18年に鳳山新城が建設された折、当時の知縣であった曹謹が匪賊の侵入を防ぐため城の四隅に、東北・西南に各一、東南・西北に各二、計6座の砲台を築きました
その東南隅にあったのが訓風砲台で、國家三級古蹟に指定されています

P1070255.jpg
真隣にお寺と幼稚園があったりして、わりと物騒な遺跡のはずなんだけどのんびりした雰囲気で不思議な感じがしました

DSC00839.jpg
この砲台は当初は鳳山渓と新城のお堀が合流する地点に建設されており、鳳山渓が海へと流れ出る要衝とされていました
早い時期から中国から移り住んだ漢人にとって、交易船を海と河の了岸に着けることが出来る要塞として地理的に重要視されていたのだそうです

P1070263.jpg
砲台は主に卵石(風化あるいは水流に削られ丸くなった小石)でできていて、弧を描いたような形をしています


P1070259.jpg

DSC00840.jpg

P1070265.jpg
「訓風」の額は城内に向けて嵌められ、額の左右には粘土細工の巻物の装飾が施されています

DSC00845.jpg
砲台の上に上がれるようになっています

DSC00847.jpg
ちょっと狭いですね~

P1070266.jpgDSC00844.jpg
砲台の形についての説明板

P1070258.jpg
石碑も建っていました

P1070250.jpg

P1070252.jpg

さて、次の場所へと向かいましょう

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted byみーやん

Comments 0

There are no comments yet.