fc2ブログ

2013年夏だ!台湾縦断旅 昼食その1 鳳山老牌周焼肉飯

みーやん

鳳山巡りをしているうちに、お昼ご飯の時間になりました
鳳山に来たからには、10大美食に選ばれたという老牌周の焼肉飯を食べなきゃね~(^^♪

老牌周というと、高雄で行った老牌周記燒肉飯との関係は?
ちょっと調べてみたら、老牌周は実は鳳山発祥なのだそう
前日の鹽埕店、似た名前・メニューなのだが、高雄市内には支店は1店舗も出していないんだそう; 
あれはいったいどこの店なんだろう?
そんなわけで、鳳山に行ったらホンモノ・ニセモノ(?)対決をやろうと密かに燃えていた私たち
お腹もペコペコだし、さっさと店に入りたかったのだけど問題発生! 店が2軒あるだとぅ( ゚ε゚;)

DSC00902.jpg
どっちも「周」「燒肉飯」と入っている
高雄市内のお店だと赤ベースだからこっちかなぁと入店することにしたのだが、な~んか違うんだなぁ
空気というか、何ていうのだろう……お昼時真っ只中というのに私達以外の客がいない
とどめはメニュー
事前に調べていた店には「便當」メニューがあったのに、この店にはない……やられた~!
といって店内で席に着いてしまった2人「やっぱや~めた」と出ていく勇気はゼロ(お店の人はいい人だったし)
こうなったらどっちも食ったるわい、と変なテンションで臨んだのでした

P1070336.jpg
焼肉飯(小 30元)・油豆腐(5元)・味噌湯(10元)
意気込んだ割に私は胃の調子が良くなかったのでご飯は1杯だけにしました
厚揚げが食べたかったので追加して、日本人には「甘い」と評判が悪い味噌汁もチャレンジしてみることに
たったお茶碗1杯だけの注文でも嫌な顔せずにOKしてくれる台湾が好きだ~(^0^)

P1070338.jpg
燒肉飯の見た目ほぼ同じ
鹽埕店と違うのは、付け合わせが胡瓜のみなところくらい
食べてみると至って普通
甘辛ダレのしみたご飯とお肉、別にまずくはなかったけど、タレの味がやっぱり違う気がする
よく言えば甘さ控えめであっさりだけど、深みがないというか、作ったばかりの鰻ダレという感じ(継ぎ足し感がない)
付け合わせの胡瓜は甘くなくて塩もみ味、これはこっちが好きだなぁ
お肉はカットした形跡はあるのだが、根本が全部繋がってたよ~(わざとなのか?)

P1070339.jpg
油豆腐は正直イマイチで頼まなきゃよかった;
変なエグみがあったんですよね~

P1070340.jpgDSC00907.jpg
味噌汁は期待していなかったんだけど、この店で一番美味だったかも
鰹といりこ両方で御出汁をとっている(スープの中に入ってた^^; ) 
確かに甘さはあるけど許容範囲でした(もしかして他店だともっと甘いのかな?)
ただしメチャメチャ熱い! 凶器かと思ったほど熱い! いつまでたっても冷めないし(-_-;)

食べてみた結果は、個人的には 老牌周 鹽埕店>鳳山周 でした
でもあっさり味が好きな人はいいかもしれません

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted byみーやん

Comments 0

There are no comments yet.