fc2ブログ

2013年夏だ!台湾縦断旅 洪瑞珍&建築いろいろ

みーやん

【黄小兒科】
P1080702.jpg   P1080704.jpg
民権路を進んで行き、継光商店街の入口のところに何やら年季の入った趣のある建物がありました
「黄小兒科」は現在も開業されているようでしたが、この時は入口は施錠された状態でした
この後で発見する「呉眼科」とともに台中市政府のサイトに出ている歴史的な街屋なんだそう

【呉眼科診所】
P1080757.jpg
三信商業銀行から雰囲気たっぷり(というかかなり寂れた感じの)通りを歩きます
両サイドに古い建物がチラホラとあって撮影心がくすぐられます
すると呉眼科というこれまた素敵な場所に遭遇
看板もレトロな感じでいいですね~
こちらも上の黄小兒科と並ぶ伝統的な街屋なのだそう

【洪瑞珍】
P1080759.jpg   P1080761.jpg
店前を通りかかったのですが、サンドイッチを食べる余裕はなかったので外観だけでもと思い撮影しました

P1090260.jpg
入り口の天井がオシャレでした

【旧南夜大舞廳】
P1080758.jpg
洪瑞珍の対面にはなんとも古い廃墟ビルが
その時はなんだか存在感があるな~と思って撮影しただけでした
帰国後に写真を見て気になり調べてみたところ、南夜大舞廳というダンスホールだったことが分かりました

P1090256.jpg   P1090257.jpg
現在は窓ガラスも看板もすべてなくなってしまったのですが、このビルの広告装飾(設計も?)は王水河という人の手によるものらしいのです
王水河は、広告美術・室内装飾・彫刻などの分野で著名な人のようです
台中市内には1960年代に彼が手掛けた酒場・夜總會(ナイトクラブ)・咖啡廳(喫茶店)が数多くあったそうです
彼は「水河体」という独特の書体を生み出し、看板などに使用していましたが、その多くはなくなってしまったそうです

P1080758-2.jpg
この南夜大舞廳の看板にも水河体が使われていました
Googlemapに写真が残っていたので拝借しました

【奥黛莉の装飾タイル】
P1080762.jpg
洪瑞珍を背にして、市府路を中正路方面に進みます
歩いて行ると奥黛莉(オードリー)というランジェリーショップの通路のタイルが刺激的だったのでパチリ☆彡

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted byみーやん

Comments 0

There are no comments yet.